コンプリート・シャーロック・ホームズ
ホーム長編緋色の研究四つの署名バスカヴィル家の犬恐怖の谷短編シャーロック・ホームズの冒険シャーロック・ホームズの回想シャーロック・ホームズの帰還最後の挨拶 シャーロック・ホームズの事件簿

赤毛組合

去年の秋、友人のシャーロックホームズ宅を訪れたときのことだ。部屋に入ると、彼は見知らぬ人物と話し込んでいた。相手は、髪の色が燃えるように真っ赤な、赤ら顔の中年男性で、かなり太っていた。話の邪魔をしたことを謝って出ていこうとすると、ホームズはいきなり引っ張り込んで、扉を閉めた。

「まったく、こんな絶妙のタイミングでやって来るとはな、ワトソン大先生」ホームズは、うれしそうに言った。

「面談中じゃないのか」

「そうだ。もちろんだよ」

「じゃ、隣の部屋で待ってもいいかな」

「できるわけないだろう。ウィルソンさん、こちらの紳士は私の助手で、何度となく事件の解決に貢献してくれました。今回も、きっといい仕事をしてくれるはずです」

太った男はイスからちょっと腰を浮かせ、顔の肉に埋もれて細くなった目でいぶかしげにチラッと私を見て、軽く会釈をした。

「その長イスにでもかけろ」ホームズは自分のヒジ掛けイスに座りなおすと、上から説教したい気分のときよくやるように、指先を合わせながら言った。「ワトソン、本当に君ときたら、僕と同じで、退屈な日常生活から外れた奇妙なものならなんでも食いつく男だな。やけに熱心に僕の事件を記録しようとするのは、自分の好みを宣伝しているようなものだ。言ってはなんだが、そのせいで僕の小さな事件をちょっと大げさに書くことが多すぎるぞ」

「たしかに、君の事件はものすごく興味深い」私は言った。

「僕がこの前言ったことを、肝に銘じておくがいい。メアリー・サザーランドという、依頼人の簡単な事件を手がける直前、奇妙な結末とか、考えられない組み合わせは、日常生活そのものに求めるべきだと、話したことをな。日常生活というのはいつでも、どんな想像力の産物より衝撃的なのだ」

「勝手ながら、そのご高説には、疑問を呈しておいたはずですが」

「そうだったな、博士様。しかし、それでも最後は僕の意見を認めるしかない。君の考えが根本から崩れて、僕の意見が正しかったと認めるまで、積み上げる証拠には事欠かないんだからな。それはそうと、こちらのジャベズ・ウィルソンさんは、今朝わざわざここまで相談に来て、ちょうど今、興味深い話を聞かせてくれていたところだ。ウィルソンさんの話は、ここ最近の中で、もっとも奇妙なものになりそうだ。君は、僕がこう言ったのを覚えているだろう?非常に奇妙で個性的な出来事はというのは、たいてい大きな犯罪ではなく小さな犯罪につながる、というやつだ。ときには、本当に犯罪行為があったのかさえ疑問な場合もある。今、僕が聞いたかぎりでは、この事件が犯罪に当たるかどうか、はっきりとは言えない。だが、事件の流れについて言えば、間違いなくこれまで耳にした中で、もっとも不思議なものだ。ウィルソンさん、できましたら、さっきのお話をもう一度初めからお話しいただけないでしょうか?これは、たんに友人のワトソン博士が最初の部分を聞いていないからというだけではなく、あなたの話が奇妙な様相を帯びているので、本人の口からもう一度、きちんと話を聞きなおしてみたいと思うからです。ふつう、私は事件の流れをちょっと聞くだけで、類似する数々の事件を思い出し、先が予測できるのですが、今回は、ちょっと前例がないと言うしかありません」