コンプリート・シャーロック・ホームズ
ホーム長編緋色の研究四つの署名バスカヴィル家の犬恐怖の谷短編シャーロック・ホームズの冒険シャーロック・ホームズの回想シャーロック・ホームズの帰還最後の挨拶 シャーロック・ホームズの事件簿
遂にシャーロック・ホームズ全作品完訳!
マスコット
名探偵の代名詞、シャーロック・ホームズ。 全作品を合計すると60作品(長編4、短編56)にもなります。 文庫本にして9~10冊ですから、全部読み切るのはなかなか大変です。 原作の著作権はすでに切れていますので、英語のテキストは数多くのサイトで公開されていますが、 邦訳はほとんど著作権が残っており、インターネット上で自由に読める邦訳はごく一部に過ぎません。 このサイトでは、既存の著作権に抵触しないように、全ての作品を改めて原作から翻訳し直して公開しています。 初出誌のストランドマガジンに掲載されたシドニー・パジェットのイラストも、ほぼすべて掲載してありますので、パソコンや携帯から、存分に世紀の名探偵シャーロック・ホームズの魅力をお楽しみください。
mag 作品集一覧(全九冊) mag
携帯(ガラケー)版ページ
著者と作品
コナンドイル
シャーロック・ホームズの生みの親、サー・アーサー・コナン・ドイルと、ホームズのイメージを形作る上で大きな影響を与え、もう一人の原作者と呼ばれる挿絵画家のシドニー・パジェットについて紹介します。(著者と作品についてもっと読む…)
シドニーパジェット
人物相関図
人物相関図
シャーロック・ホームズシリーズは、今日で言うところの「読切連載」という形式で雑誌に掲載されました。 このため、毎回のように新しい登場人物が現れますので、ホームズとワトソンを除けば、定番の登場人物は それほど多くありません。しかし、これらの少数の人物は会話の中で、いきなり名前が出てきたりする場合がありますので、途中の作品から読む場合は、覚えておくと便利です。(人物相関についてもっと読む・・・)
読書ガイド
シャーロック・ホームズをこれまであまり読んだ事がない方を中心に、物語の傾向、人気作品の紹介をしています。また、シャーロック・ホームズ・シリーズは、これ以降の推理小説のように読者にすべての情報を提供するという、決まり事を守りませんので、推理小説に慣れた方にはあらかじめ理解が必要です。(読書ガイドについてもっと読む・・・)
読書ガイド
時代背景
旧ロンドン地図
シャーロック・ホームズの活躍した19世紀末のヴィクトリア朝時代と、警察組織、ホームズの関係について、 作品を理解する上で参考になりそうなことについて簡単に説明します。 (時代背景についてもっと読む・・・)