コンプリート・シャーロック・ホームズ
ホーム長編緋色の研究四つの署名バスカヴィル家の犬恐怖の谷短編シャーロック・ホームズの冒険シャーロック・ホームズの回想シャーロック・ホームズの帰還最後の挨拶 シャーロック・ホームズの事件簿

ノーウッドの建築業者

illustration

「犯罪専門家の見地からすると」シャーロックホームズが言った。「ロンドンは故モリアーティ教授が死去して以来、妙に面白くない街になってしまったな」

「君の意見に賛同するまともな市民がそれほどいるとは思えないな」私は答えた。

「そうそう、自己中心になってはいけない」彼は笑みを浮かべると、朝食のテーブルを押して椅子を戻しながら言った。「社会全体が確実に利益を得たのだ。仕事を失った哀れな専門家を除いて誰も損をした者はいない。あの男が活動中の時は、毎日の朝刊が無限の可能性を提供していた。しばしばそれは最小の手がかりであったり、ワトソン、最もかすかな兆候だったが、しかしそれでも、恐ろしく悪質な頭脳がそこにあることを十分僕に物語っていた。クモの巣の端のほんのわずかな振動が、中心に潜んでいる一匹の邪悪なクモを思い出させるようにだ。つまらない窃盗、気まぐれな襲撃、無目的な暴力、 ―― 手がかりを握っている男にとっては、それらすべてを繋がった完成体に組み立てることができた。高度な犯罪界を緻密に研究している者にとって、その時のロンドンほどの利点はヨーロッパのどの首都も提供していなかった。しかし今は・・・・」彼は現状へのおどけた非難に肩をすぼめた。その状況を生み出すのに大きな役割を果たしていたのは彼自身だったのだ。

今、私が説明しているこの時期は、ホームズが復活を果たしてから数ヶ月後のことだった。彼の求めに応じて私は診療所を売り払い、以前のベーカー街の住居に戻って同居していた。ケンジントンにある私の小さな診療所を買いとったのは、バーナーという名の若い医者だった。彼は、私があえてふっかけてみた高い値段を驚くほど躊躇なく受け入れた。数年後、ある出来事で初めてその理由が判明した。バーナーはホームズの遠い親戚で、その費用を実際に都合したのはホームズだったのだ。

私たちが一緒に活動していた数ヶ月は、彼が言うほど事件がないわけではなかった。ノートをざっと眺めてみて、判明したところでは、この時期には前大統領ムリージョの書類に関する事件、そして、あわや命を落とすところだった、ドイツ汽船フリースランドの衝撃的な事件があった。だが冷めた誇り高き性格の彼は、大衆の賞賛という形式一切を常に忌み嫌い、彼の手法、成功、彼自身について何も公表しないようにと、私を非常に厳しい条件で制約する。この禁止令は、今やっと解除さればかりなのだ。

シャーロックホームズは気まぐれな抗議の後、椅子にもたれかかり、のんびりとした仕草で新聞を広げようとしていた。その時、とんでもないドアのベルの音に私たちは釘付けとなった。間髪をいれず、洞に響く太鼓のような音がした。ちょうど誰かが外扉を拳で叩いているような音だった。扉が開かれると玄関の広間に騒然と飛び込む気配があり、ドカドカと階段を駆け上がる音がして、ほんの一瞬の後、ギラギラした目で気も狂わんばかりの震えて髪がボサボサで青白い若い男が、部屋に突入してきた。彼は我々を順番に見た時、いったい何事だと言う私たちの視線を意識し、この無作法な登場について、ちょっと釈明する必要があると気づいた。

illustration

「申し訳ありません、ホームズさん」 彼は大声で言った。「私を責めないでください。私はほとんど狂いそうです。ホームズさん、私があの不幸なジョン・ヘクター・マクファーレンです」

訪問者は、あたかも名乗るだけで、この訪問と態度の説明がつくかのように言った。だがホームズも無反応な顔つきだったので、私と同じようにその名前に聞き覚えがないことが分かった。

「タバコをどうぞ、マクファーレンさん」彼は煙草入れを押しやりながら言った。「あなたの症状からすると、こちらにいる友人のワトソン博士が最初に処方するの鎮静剤でしょうね。ここ数日、やけに暑いですしね。さあ、もし少しでも落ち着きになられたのなら、そこの椅子に座って、あなたがどなたで、何を希望しているのか、できる限りゆっくりと静かに、おっしゃっていただけませんか。ご自分の名前を聞けば、それだけで誰か分かるはずだというような話しぶりでしたが、実のところ、あなたが独身で、事務弁護士で、フリーメーソンで、喘息がある、というような明らかな事実以外、私はあなたについて何も知らないのですよ」

私はホームズの手法をよく知っているので、彼の推論を追って、服装の乱れ、法的文書の束、時計の飾り、そして息づかい、こういう物が手がかりになった事を確認するのは難しくなかった。しかし、我々の顧客は驚いて目を見開いた。

「はい、全部そのとおりです、ホームズさん。そして、それに加えて、私はこの瞬間ロンドンで一番不幸な男です。後生ですから、私を見捨てないでください、ホームズさん!もし私が最後まで話をする前に警察が逮捕にきたら、すべての真実をあなたに話す時間を与えるように言ってください。もしあなたが外で私のために活動している事を知れば、私は喜んで拘置所に行けるでしょう」

「逮捕する!」ホームズは言った。「これは実に有難・・・、とても興味深いですな。どのような罪で逮捕されると思っているのですか?」

ロウワ・ノーウッド*のジョナス・オルデイカー氏の殺人の容疑です」

ホームズの意味ありげな表情に同情が浮かんだ。遺憾なことに、そこに満足気なものが完全に混じっていなかったわけではなかった。

「おやおや」彼は言った。「まさにちょうど今朝食を食べていた時でしたよ。私が友人のワトソン博士に新聞から騒がしい事件が無くなってしまったと言っていたのは」

訪問者は震える手を前に伸ばし、まだホームズの膝の上に置かれていたデイリー・テレグラフを取り上げた。

「もしこれをご覧になっていたら、私が今朝来た用件が何か一目見ただけで分かったでしょう。私はあたかも自分の名と不幸が、すべての人の話題になっているような気になっています」彼は新聞を返して内側の頁を開いた。「これです。僭越ですが、私が読みあげます。聞いてください、ホームズさん。見出しはこうです。『ロウワ・ノーウッドの不可解な事件。有名な建築業者の失踪。殺人放火の疑い。犯人の手がかり』警察がすでに追っているのはこの手がかりです、ホームズさん。そして私はその手がかりが確実に自分につながると知っています。私はロンドンブリッジ駅からずっと後をつけられています。そして間違いなく、彼らはただ私の逮捕状を待っているのです。私が逮捕されたら母がどんなに辛い思いをするか!どんなに辛い思いをするか!」彼は不安にさいなまれて両手を固く握った。そして椅子の上で前後に体を揺すった。